>  > POSHフェイス クラシカル71 メッキ/オレンジ エストレア/W 《ポッシュフェイス 016091-53》
PITWORK ピットワーク スバル フロント ブレーキパッド 【 車種 インプレッサ GF系(ワゴン) / 型式 GF-GF2 / 排気量 1500 / 仕様 4WD C’Z / 年式 98.09~00.07 / 内径 58.4 】 ブレーキ パッド 交換 部品 メンテナンス パーツ ポイント消化 ファミリアセダン フロアマット [カジュアル] カーマット ファミリアセダン オリジナルマット 【国産 水洗い可 黒 ベージュ グレー クロス】【RCP】 AIR LED 字光式 ナンバー プレート 1枚のみ 三菱 ミラージュバン 送料無料 3年保証 【ジュラン】レーシングスライドレール Sタイプ ボトムフィット 底止め式シート対応 汎用タイプ カペラ ワゴン / テルスター / カペラカーゴ GF#P などにお勧め 品番:R131 / R132 JURAN TANIDA タニダ 【アクレ / acre】スタンダードタイプディスクローター リア用・左右2枚セット レガシィ ツーリングワゴン BG9/BGC などにお勧め 品番:6R002(STD・Rear) STD ブレーキローター ★色番号塗装発送RF3-8 ステップワゴン ピラー【エムアイシー】RF3 ステップワゴン 前期 ダイヤキルトレザーピラー 2P レッド カーマット フロアマット 日産 サニー 10年10月~16年10月 -LUXブラック

POSHフェイス クラシカル71 メッキ/オレンジ エストレア/W 《ポッシュフェイス 016091-53》

右のクラス図のように、Recoed2クラスを継承したRecord3のクラスがあるとします。

つまり、Recoed2クラスを継承したRecord3があります。

Record2がRecord3のスーパークラスです。

(Record3はRecord2のサブクラスです。)




あるクラスの変数があるとすると、 それでそのクラスのサブクラスオブジェクトも管理(参照)できる規則になっています。

例えば Record2の変数に、Record2のサブクラスであるRecord

《ポッシュフェイス クラシカル71 メッキ/オレンジ 016091-53》 クラシカル71 エストレア/W 《ポッシュフェイス POSHフェイス

3のオブジェクトを 参照させることが可能というわけです。
以下にその例と実行結果を示します。

import rec.Record2;
import rec.Record3;
public class Test{
public static void main(String[] arg){
Record2 a, b;
a = new Record2("A01", 10);
b = new Record3("B02", 20, 200);
a.display(1);
b.display(2);
}
}
D:\java>java Test 
 1番目レコード
 商品コード:A01
 数量:10
 2番目レコード
 商品コード:B02
 数量:20
 単価:200
D:\\java>

a.display(1);実行は、a の参照しているオブジェクトがRecord2で、 Record2クラスのdisplayメソッドが呼び出されています。
そして、

b.display(2);実行は、b の参照しているオブジェクトがRecord3で、 変数の型がRecord2であっても、 Record3クラスのdisplayメソッドが呼び出されていることに注目ください。
つまり、参照しているオブジェクトの内容によって、自動的にメソッドが選ばれて実行しています。
このように 参照しているオブジェクトよって [ホイール1本(単品)] SSR / EXECUTOR EX02 (FLC) 20インチ×10.5J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-4、呼び出し操作(メソッド)が定まる特性をポリモーフィズム(Polymorphism 日本訳⇒多態性、多相性、多様性)とよばれます。
そして、 このポリモーフィズムを実現するためには、スーパークラスとサブクラス間において、 同じ名で、同じ種類で同じ数の引数のメソッドが必要です。
サブクラスにおいて、このメソッドはオーバーライド(override)されたメソッドと呼びます。
つまりオーバーライドとは、 スーパークラスで定義されたメソッドをサブクラスで定義し直す(上書きする)ことです。
上記Record3クラスでは、display(int n)がオーバーライドしたメソッドになります。

では ACRE ブレーキパッド ■アクレ ダストレスリアル フロント 【品番:309】 三菱 ミラージュ CJ4A (RS、標準14Inch車) 95.10~97.6、initメソッドはどうでしょうか? Record3で、単価用引数を追加して3つの引数にしたinitメソッドを オーバーロードしていますが、もともとあった引数2つのinitをオーバーライドしてはいません。
Record2の型の a や b は、Record2にある引数が2つの init を実行できます。
しかしRecord2の型の b は、参照しているのがRecord3のオブジェクトであっても 引数が3つinitメソッドは使えません。(オーバーロードされたメソッドでもありません)
次のようなコンパイルエラーになります。

b.init("B02", 20, 200)でエラーの指摘があって こそのコンパイラ言語です。
bは、変数宣言よりRecoed2のクラスであり、引数が3つあるメソッドを持っていないので、 間違った使い方をしています。 この間違いを指摘している訳で、 これが可能になってしまうと、コンパイラ言語としての利便性が失われます。
(型宣言をしない言語で、オーバーロードしなくてもこのようなポリモーフィズムを 可能とする言語もあります。例⇒VbScriptなど)
Java言語は変数を宣言する時に、型を明確にする言語なので、その型に存在しないメソッドを、 直接実行させることがでないというわけです。
ですが、そのメソッドが存在する型の変数に参照(管理)し直せば可能になります。
上記のb.init("B02", 20, 200)を次のように直せば可能になります。
     Record3 r = (Record3) b;
     r.init("B02", 20, 200);
上記では 、(Record3)でキャストして、変数rに、代入(参照設定)し、そのrでメソッドを実行しています。 また 15インチカローラ アクシオ140系 全グレードENKEI パフォーマンスライン PF01 スパークルシルバー 6.5Jx15ZIEX ZE914F 195/65R15、少し式が長くなりますが、優先順位を理解できれば、次のような1行で書くこともできます。
     ((Record3) b).init("B02", 20, 200);

( )のカッコがない (Record3) b.init("B02", 20, 200); では、 b.init("B02", 20, 200); の処理が先行して 【メーカー在庫あり】 CTL30 日東金属工業(株) 日東 ステンレスタンク ストレートレバーバンド式密閉タンク(フタ付) 20L CTL-30 JP、それに対してキャスト演算する指示表現で、正しいない表現となります。

POSHフェイス クラシカル71 USオーバーフェンダー メッキ/オレンジ エストレア/W 《ポッシュフェイス 【クラッツィオ 016091-53》

あるクラスの変数があるとすると 【送料無料 シエンタ 5穴/100】 185/60R15 15インチ BIGWAY ビッグウエイ EXPLODE DM-10 6J 6.00-15 YOKOHAMA ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイール4本セット、それでそのクラスのサブクラスオブジェクトも管理(参照)できる規則を上記で説明しました。
しかしその逆に、あるスーパークラスのオブジェクトを、 そのサブクラスの変数に管理(参照)させることはできません。以下でそのコンパイルエラーの例を示します。

import rec.Record2;
import rec.Record3;
public class Test{
public static void main(String[] arg){
Record2 a, b;
a = new Record2();
b = new Record3();
a.init("A01", 10);
b.init("B02", 20, 200);//コンパイルエラー
a.display(1);
b.display(1);
}
}
D:\java>javac Test.java 
Test.java:12: シンボルを見つけられません。
シンボル: メソッド init(java.lang.String,int,int)
場所 : rec.Record2 の クラス
 b.init("B02", 20, 200);
 ^
エラー 1 個
D:\\java>

上記のa = new Record2();は、無理やりキャストして、 a = (Record3)new Record2();と書くと、 コンパイルエラーを無くすことができます。
しかし、その場合は実行時に次のエラーが発生します。
java.lang.ClassCastException: rec.Record2 cannot be cast to rec.Record3

つまり結局、変数に対して代入できるオブジェクトは、変数と同じクラスか、またはそのサブクラスのオブジェクトしか 代入できないということです。
また、キャスト演算を使っても、この代入可能な型への型変換しかできないということです。

     例

Record2の配列に、Record2とRecord3の要素を混在して管理させている例と、その実行結果を示します。
これを表示するa[i].display(i)の実行は、ポリモーフィズムによって、 対応する表示メソッドが自動的に選択実行されています。
(ポリモーフィズムが使えない言語では、

POSHフェイス クラシカル71 メッキ/オレンジ エストレア/W 《ポッシュフェイス 016091-53》

、ifで分岐してそれぞれの表示命令を実行させる必要があります)

Record3 a;
a = new Record2();
: 互換性のない型
 a = new Record2();
 ^ 
{yahoojp} {manabu.quu.cc}
import rec.Record2;
import rec.Record3;
public class Test{
public static void main(String[] arg){
Record2[] a = new Record2[]{ 
new Record2("A01", 1),
new Record3("A02", 2, 200),
new Record2("A03", 3),
new Record2("A04", 4),
new Record3("B01", 10,1000),
new Record3("B02", 20,2000),
new Record2("B02", 30),
new Record3("B03", 30,300),
};
// 配列全体を表示
for (int i = 0; i &kt; a.length; i++){
a[i].display(i);
}
}
}

D:\java>java Test 
 0番目レコード
 商品コード:A01
 数量:1
 1番目レコード
 商品コード:A02
 数量:2
 単価:200
 2番目レコード
 商品コード:A03
 数量:3
 3番目レコード
 商品コード:A04
 数量:4
 4番目レコード
 商品コード:B01
 数量:10
 単価:1000
 5番目レコード
 商品コード:B02
 数量:20
 単価:2000
 6番目レコード
 商品コード:B02
 数量:30
 7番目レコード
 商品コード:B03
 数量:30
 単価:300
D:\\java>
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-88379